好きな車模型のことやその他の趣味、日々の出来事など気ままに綴ります。

ハセガワ ザウバーC9製作記(2)

s-DSC01583.jpg
ボディパーツは下地処理がもう少しかかりそうなので、先にシャシー、コクピットから仕上げていきます。
シャシーは、フィニッシャーズの「カーボンマットブラック」で塗装しました。半ツヤのブラックグレーです。
シートなど、塗装指示がつや消しブラックとなっているパーツは、ガイアのつや消しブラックとサーフェイサーエヴォブラック半々で調合したもので塗装しています。
シートベルトは、あとで取り付けます(^_^;)。


s-DSC01585.jpg
ダッシュボードのスイッチ類のモールドは、一部削り取って0.8mm径の丸プラ棒や金属パーツを埋め込みました。

スポンサーサイト
2017-08-10 : 模型製作 : コメント : 0 :
Pagetop

ハセガワ ザウバーC9製作記(1)

久しぶりの更新です。

連日、体にまとわりつくようなムシ暑さに少々バテ気味です。
模型製作もなかなかテンション上がらず・・・(^_^;)。

s-IMG_0484.jpg
とは言ってもS.E.M.の今年のテーマは「Cカー」というで、何か一つは作りたく、このキットを選んでみました。

比較的最近再販されたキットですが、金型はかなりお疲れのようで、ヒケやバリなどがかなり目立ちます。
ペーパーをあてながら、ボディの下地処理を少しづつ行っています。
ホビーフォーラムまでに間に合うかなぁ・・・。
2017-07-24 : 模型製作 : コメント : 2 :
Pagetop

ルネサンス ゴルディーニ(18)

s-IMG_0443.jpg
だいぶ、間があいてしまいましたが、今回はメーターを作ります。
ガラスの表現には0.08mm厚のアニメセルを使ってみました。


s-IMG_0444.jpg
メーターデカールはアニメセルが上側になるように貼ります。


s-IMG_0447.jpg
デカールが乾いたら、メーターリングを乗せます。メーターリングはZモデル製のエッチングパーツです。


s-IMG_0449.jpg
メーターリングの外周部に沿って、接着剤をつけます。


s-IMG_0451.jpg
乾いたら、余分なアニメセルをハサミで切り落としていきます。アニメセルが多少残ってしまったときは、さらにカッターナイフを使って外周部をきれいに整えます。


s-IMG_0462.jpg
なんとか切り出しました。


s-IMG_0467.jpg
接着剤を点付けして、メーターを接着します。同様に小さいメーターも同じ作業を繰り返してメーター部分は完成です。
細かい作業で目がショボショボです(^_^;)。
2017-05-22 : 模型製作 : コメント : 0 :
Pagetop

ルネサンス ゴルディーニ(17)

模型製作はあまり進んでいませんが、少しだけ更新です。

s-IMG_0429.jpg
磨きが終わったので、小物パーツを接着していきます。
リアライト。

s-IMG_0428.jpg
スイッチ類。

s-IMG_0433.jpg
今回、小物パーツの接着に使用したのが、セメダインのハイグレード模型用接着剤です。
今まで、こういうパーツにはエポキシ接着剤や瞬着を使っていましたが、この接着剤は透明で曇らず、糸を引かない。強度も個人的には十分です。また、エポキシ接着剤のように臭わず、混ぜ合わせる必要もないので、使い勝手がとても良いです。
これからの模型製作に活躍してくれそうです。

2017-04-24 : 模型製作 : コメント : 2 :
Pagetop

ルネサンス ゴルディーニ(16)

新横綱稀勢の里、感動の優勝でした。休場するかと思っていたので、出場してまさか優勝するとは思ってもいませんでした。
テレビを見ながら思わず目頭が熱くなってしまいました。しばらくは治療に専念して、来場所も大いに盛り上げてほしいです。

さて、ゴルディーニの方は微速前進ですが、少しづつ進めております。

s-IMG_0381.jpg
前回のクリアーコートから3日ほど乾燥させてから、ペーパーで研ぎ出しを行います。
使っているのはタミヤの1500番のサンドペーパーです。ボディ表面をほぼつや消し状態にしていきます。

s-IMG_0404.jpg
研ぎ出しが済んだら、一度水洗いをして、乾燥後、再度仕上げのクリアーコートを行います。


s-IMG_0405.jpg
クリアーコート後、3日ほど乾燥させてから、今度は2000番のサンドペーパーやバフレックスを使って、ボディ表面のうねりなどを整えていき、ボディ表面を再度つや消し状態していきます。


s-IMG_0413.jpg
つや消し状態にして、水洗い後、いよいよコンパウンドを使って艶出していきます。
コンパウンドは3Mの実車用のコンパウンドを使っています。左からハード1(5981)、ハード2Lダーク(5986)、ウルトラフィニッシュ(5986)の順番で艶出しを行います。
最初のハード1でかなりツヤは出ます。
コンパウンドは、実車用や模型用など様々なものがありますが、色々使ってみて自分に合うもので良いと思います。
ちなみにクロスはタミヤのもので、タミヤのクロスは3色そろっており(画像では写っていません(^_^;)。)、コンパウンドの種類に応じて使い分けができるので便利です。
そして、最終仕上げにハセガワのセラミックコンパウンドを使って艶出し作業は完了です。


s-IMG_0412.jpg
こんな感じになりました。
このあと細かい作業がまだまだ続きます。
2017-03-27 : 模型製作 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »
FC2カウンター
Pagetop

プロフィール

chiki

Author:chiki
車の模型を趣味とする中年出戻りモデラーです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる