好きな車模型のことやその他の趣味、日々の出来事など気ままに綴ります。

エブロ ロータス49 (3)

s-IMG_0641.jpg
キットのメッキパーツは、今回すべて塗装し直しています。
このパーツはエキゾーストパイプです。


s-IMG_0642.jpg
まずは、台所用漂白剤(キッチンハイター)を使ってメッキを落とします。


s-IMG_0644.jpg
さらにシンナー(うすめ液)に浸して、薄皮のようなクリアー塗装(下地塗装)を落とします。


s-IMG_0645.jpg
つや有りブラックを塗装します。


s-IMG_0655.jpg
普段私が使っているエアブラシ塗装のコンプレッサーはクレオスのL5、ハンドピースは、
口径0.5mmのダブルアクションタイプのものです。

パーツとハンドピースとの距離は2cm前後です。コンプレッサーのエア圧は最大にしておきます。
塗料の吹き方は、いわゆる「細吹き」です。押しボタンを目一杯押した状態(エアの吹き出し量最大)にして、
押しボタンを少し引いて塗料の吹き出し量を調整します。
塗装の作業時間が長くなると、けっこう指が疲れます(^_^;)。

メッキ調の塗装をする際は、塗料をパーツにあてていくような感じで吹きます。エア圧を低めにして、
ふぁっと塗料をのせるような感じではないです。


s-IMG_0657.jpg
ガイアノーツのプレミアムミラークロームを使いましたが、十分なメッキ感でおすすめの塗料です。
スポンサーサイト
2018-02-09 : 模型製作 : コメント : 2 :
Pagetop

エブロ ロータス49 (2)

s-IMG_0632.jpg
エンジンのヘッドカバーには凸モールドの「FORD」のロゴがあります。
久しぶりに苦手な筆塗りをしてみましたが、案の定失敗。
何の文字だかよくわかりません(^_^;)。


s-IMG_0633.jpg
そこで今回は、先端部分がスポンジ状になっているガイアノーツの「フィニッシュマスター」というものを使ってみました。


s-IMG_0635.jpg
スポンジ部の先端にちょこっと塗料をつけます。


s-IMG_0634.jpg
その後、いきなり塗らずに少し乾燥させるために、間をおきます(5分くらい)。


s-IMG_0636.jpg
凸モールドの「FORD」の文字に擦り付けるようにシルバーをのせていきます。
ヘッドカバーの内側にあるボルトのモールドも同じ方法で塗っています。


s-IMG_0637.jpg
少なくとも筆塗りよりは良くなったと思います。
今回は、ここまでです。
2018-01-24 : 模型製作 : コメント : 2 :
Pagetop

エブロ ロータス49 (1)

s-IMG_0629.jpg
年が明けて10日以上経ちましたが、今年も稚ブログをよろしくお願いします。

今年のS.E.Mの年間テーマが「1/20スケール」ということで、さっそく作り始めました。
作りかけの「ザウバーC9」はしばらく脇に置いておきます(^_^;)。
ロータス49は、なんとしてでも今年のホビーショーには間に合わせたいです。


s-IMG_0624.jpg
モノコックの組み立ては完了しています。
メーターパネルは少しだけディテールアップしています。


s-IMG_0625.jpg
フロント部分。
キットのメッキパーツは、すべて漂白剤で落とした後、ガイアのプレミアムミラークロームで塗装し直しています。


s-IMG_0627.jpg
エンジン、トランスミッション。

s-IMG_0628.jpg
今のところ、こんな感じです。
2018-01-12 : 模型製作 : コメント : 2 :
Pagetop

ルネサンス ゴルディーニ(19)

s-IMG_0544.jpg

久しぶりの更新です。すっかり間があいてしまいました(^_^;)。
ここのところ、雑用が多くて模型製作もあまり進んでいません。

ゴルディーニは、ボディの小物パーツを取り付ければ完成するのですが、
なかなか手をつけられずにいます。

今回はフロントグリルとライトパーツを取り付けました。
ライトパーツはZモデル製を使用。外側の直径5mmのライトパーツは、同じ
S.E.MのLさんから譲っていただいたものです。貴重なパーツありがとうございました。

残りのパーツは、ウィンドウスクリーン、ボンネットベルト、ミラーかな。
あとちょっとがまだまだ時間かかりそうです(^_^;)。
2017-11-20 : 模型製作 : コメント : 2 :
Pagetop

ハセガワ ザウバーC9製作記(4)

またまた久しぶりの更新です。
最近、模型製作はなかなか前に進みません。

s-IMG_0520.jpg
ようやく下地処理が終わりましたので、次はボディ塗装です。


s-IMG_0521.jpg
ボディカラーは組立説明図の指示どおり、クレオス№326、サンダーバーズカラーを使います。
塗料はシンナーで約3倍に希釈しています。


s-IMG_0522.jpg
濃紺です。

s-IMG_0523.jpg

s-IMG_0531.jpg
ボディが乾燥したら、いよいよ苦手なデカール貼りです(^_^;)。

デカール貼る際は、綿棒も多少使いますが、どうしても綿くずがついたり、綿棒をクルクル回していると
デカールが巻き取られたりすることがあるので、メインは平筆を使って貼っていきます。

貼り終えるのに相当時間がかかりそうですが、少しずつ気長に貼っていくことにします。
2017-10-16 : 模型製作 : コメント : 2 :
Pagetop
ホーム  次のページ »
FC2カウンター
Pagetop

プロフィール

chiki

Author:chiki
車の模型を趣味とする中年出戻りモデラーです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる